2017年9月26日火曜日

駐車精算時に急発進して死亡したご老体の話

ご老体の事故死は、減ることなくそのニュースは増え続けている様に見えます。そんな中、或るニュースがとても気になりました。『駐車精算時に急発進、ドアから転落し84歳死亡』というタイトルです。
 運転していた男性は84歳、病院に通う77歳の奥さんの病院に付き合い、帰り掛けでの出来事でした。ニュースによると、精算機から離れて止まって、手が届かない。奥さんが降りて清算してあげようとしていた。その状態で起きた事故でした。しかし、次の記述の部分に相当な違和感を覚えたのです。
記事とは関係ありません
 読売新聞社の記事からの引用です。「何らかの弾みでアクセルを踏んだとみられ、車はその直後に急発進。」 この記者は、状況を理解できないのでしょうか。その前の部分に「男性はシートベルトを外して運転席側のドアを開け、大きく車外へ身を乗り出して、精算機に手を伸ばした。」と書いています。
 ブレーキの右側にアクセルがあります。ブレーキを踏んだまま手を右側に伸ばしたが届かない。ドアを開けてさらに伸ばそうとした。するとブレーキを抑えた足が自然とブレーキから離れる。右側に大きく反った体に対し、足は自然とアクセルの上に移動します。その状態でブレーキが外れて車は動き出す。慌ててブレーキを踏もうとすると、当然の様にアクセルを踏んでしまう
 私が個人で書いているブログに、事故には至らなかったが、停車中にアクセルを踏み続けた老人運転手の事を紹介しています。今年の7月25日の記事です。この様に、正常な人間だと誤まらないな事をしてしまうのが老化の影響です。
 ニュース記事では、起きたことをもっと意味ある記述とし、対象の方の考えを改めるチャンスを与えて欲しい。そうで無ければ、新聞社の役割は半減してしまいます。「そうだから、こういう事故は無くならない」とまでは言いませんが。

0 件のコメント:

コメントを投稿

北電は本当に電力不足なのか

  北海道の胆振東武地方を襲った震度7の地震 は、また人々の予想を上回る災害に繋がりました。被害に遭われた方々には、今もご苦労されていますが、心からお見舞い申し上げます。そして、今まだ、電気が不十分というニュースを聞いていて、 本当だろうか と信じ難い思いが抜けません。ここに、そ...