2017年10月3日火曜日

契約解除の給食は不味いの?

学校の給食に虫が入ったり、不味くて食べれないということが社会問題となっています。そういう中、『「まずい給食」業者との契約、満了前に解除へ』というニュースが流れました。
 今回は、神奈川県の大磯町立中学校で製造業者との契約を解除する方向で具体的な検討に入った報じられています。不思議な感じがします。1年以上前から子供が虫を食べさせられていたのに、何でこんなに時間が掛かっているのでしょうか。
契約解除が可能かどうかなんて、考えなくても明らかです。契約の仕様書に書いていないとしても、給食に虫が入っていれば、どんなにあがいても、瑕疵は明らかです。何を躊躇しているのでしょうか。それこそ、呆れる話です。
  その中で、細かい話だとは思いますが気になりました。この記事のタイトルを見てください。「不味い」、エッと感じませんか。不味くて、虫が入った給食を「不味い」と言いますか。虫の混入と不味いは、どちらが問題ですか。虫は病気を媒介する可能性すらあります。勿論、不味さの原因にもなり得るでしょう。
 この様に、自治体、教育委員会、学校、さらにマスコミまでどうかしています。感性の無さというか、鈍感さというか。みなさんも気を付けましょう。
 そして、早く解決する事を祈っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

間違っているストロー対策

ダイヤモンド社のオンラインニュースに『 スタバとマックの「プラ製ストロー全廃」は本当に環境に優しいか 』というタイトルが載った。その妥当性の評価かと思ったのだが、まったく違っていた。  記事にも記載されているが、世界中で、特に 海で生物が被害に遭っている と社会問題化され...