2016年7月12日火曜日

性的行為の高校生が退学勧告は違法と訴えた

 『交際相手と性的行為「退学勧告は違法」と提訴』というニュース記事が目に入りました。6月21日でした。
 高校3年制の男子生徒が性的行為を行ったと学校が知ることとなった。そこで学校側は退学処分を決定し、自主退学を勧めた。その結果、転校を余儀なくされたことに対して提訴したというニュースでした。
 生徒側の主張はこうです。『性的な行為が退学処分の理由になるとの校則は存在しない。教師も周知しておらず、裁量権の乱用で違法だ』そうして、校長は「事実関係に食い違いがある。主張は法廷で明らかにする」と反論しているという。
 とても不思議なニュースだと感じませんか。当の生徒の権利ばかりが議論の対象となっているのです。同級生の権利はどこに行ったのでしょうか。
 3年生の12月に発覚した出来事だそうです。同級生は皆、大学受験の真っ最中だったでしょう。そうでなくても、多感な高校生が同じ学校に大勢いるのです。
 高校生で性交することは、世の中の常識になったとでも言わんばかりの記事に驚きでした。もっと視線を広く、公平にしてもらいたいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

間違っているストロー対策

ダイヤモンド社のオンラインニュースに『 スタバとマックの「プラ製ストロー全廃」は本当に環境に優しいか 』というタイトルが載った。その妥当性の評価かと思ったのだが、まったく違っていた。  記事にも記載されているが、世界中で、特に 海で生物が被害に遭っている と社会問題化され...