2016年12月1日木曜日

カトリックは人工中絶を許しているのでは無い

 ネットニュースで『中絶「許す」権限、全司祭へ恒久的に付与 ローマ法王』というニュースが流れていた。ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王の話を受けての記事です。とんでもない勘違いのタイトルということにお気付きだろうか。タイトルそのものだと、『ローマ・カトリック教会は、人工中絶を許すことにした。』と取れるのだ。このタイトルを作成した記者は大馬鹿者だ!
 法王のお話はこうです。「私はここに全司祭に対し、その職において、人工妊娠中絶の罪を犯した者に許しを与える権限を与える」。具体的に説明すると、「人工中絶を行った後、悔い改めた人に対して、悔い改めを許して良い」という意味なのです。悔い改めが無い方を許すわけが有りません。
 ここに、法王がおっしゃった重要な事を記録しておきます。『中絶は罪のない命を絶つものである以上、重大な罪だということを、できる限り強い言葉で再度訴えたい』。また、『悔悟する心が神の許しを求める時、神の慈しみが届かず拭い去れない罪はないと言える。またそう言わなければならない』と。
 本文を良く読めば、上記の事は分かると思います。タイトルに惑わされると、その趣旨を見間違える可能性が大きくなります。どうぞ、勘違いされ無い様にしてください。
 実際は、難しい問題なのです。生の選択という事態における中絶にはまだ、踏み込んでいません。母体を守るための行為、家族が生きているために止むを得ない行為。パパ様は、まだ、その答えに悩んでおられると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

間違っているストロー対策

ダイヤモンド社のオンラインニュースに『 スタバとマックの「プラ製ストロー全廃」は本当に環境に優しいか 』というタイトルが載った。その妥当性の評価かと思ったのだが、まったく違っていた。  記事にも記載されているが、世界中で、特に 海で生物が被害に遭っている と社会問題化され...