2016年11月20日日曜日

大国アメリカの大統領が詐欺師

 少々、目を疑う様なニュースが報道されました。『詐欺疑惑の「トランプ大学」訴訟、28億円支払いで和解』というニュースです。
 トランプ大学は、アメリカの次期大統領に選出されたトランプ氏が設立した大学です。その講座内容が詐欺であると受講者が訴えた訴訟。それから、無認可校ということで、州教育法の違反も問われていた。それらをすべて認めて、和解金と罰金を支払ったという記事です。
 記事によると、閣僚人事を進めるために厄介ごとを片付けたかったのだろうと推測しています。しかし、選ばれた後に自ら詐欺師と認めたわけです。私は本末転倒だと思います。頑張って勝訴すべきだと思います。そうでなかったら、責任を認めて辞退するものではないでしょうか。
 とうとう、アメリカはそんな国に成り下がってしまったのでしょうか。詐欺師が大統領だというのです。恐ろしい話だと思いませんか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

国連分担金の誤解

国連分担金 という言葉を全世界の方々が 誤解している としか思えません。さらに、国連、各国の政府が加担して、その事実を隠しているとしか思えません。その事実を調べてみたのですが、容易ではありませんでした。調べた範囲で報告します。  事の切っ掛けは、『 80年代以来の国連分担金2位...