2016年12月21日水曜日

「プレミアムフライデー」って知っていますか

 『「プレミアムフライデー」の日は午後3時から本当に遊べる? 政府と経団連に聞いた』という記事を読みました。政府と経団連が、毎月最終金曜日の午後3時をめどに従業員に仕事を切り上げさせ、消費を促すという施策を考えているというのです。皆さんは、どう思いますか。
 この記事は、そういう話題に対し、BuzzFeed Japan社(以下、BFJ社)が経済産業省と経団連と質問をぶつけ、回答を得たという内容でした。でも、私が感じた一番の質問は入っていませんでした。まず、BFJ社の質問と回答を紹介します。
・早退が給与引下げになるのでは
 ⇒企業の工夫と効率アップを求めたい
  ⇒できるならやっているのに!
・ネットで買えば、早退は不要。
 ⇒買い物だけが消費ではない
  ⇒質問が悪い
・飲食などの商業施設は忙しくなる
 ⇒書き入れ時となります。他の方法で休んでほしい
  ⇒質問が悪い
・役所の職員は、午後3時で終わり?
 ⇒そうできる様に仕組みを考えている
  ⇒そういう質問なの。嫌味でないの?

 まったくお疲れ様としか言いようがない質問が続いていました。
 ここから本題です。午後3時が問題なのではなくて、最終金曜日が問題なのです。いかにもお役所仕事としか言いようがないと思いませんか。世の中のかなりの業種は、月末に掛けて大忙しとなります。営業の売り上げ確保、会計処理の追い込み、報告書の作成と普通の会社は、月末になればなるほど忙しくなるはずです。
 最終金曜日は、3か月に1回は、営業日の月末です。つまり、金曜から日曜までに月末の日が来る確率は1/3以上という意味です。今年2016年では、5回もあります。お役所は、そんな事を知らないという事を暴露している様なものです。また、ニュース記事を書く記者も同じなのでしょうか。不思議な事態です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

北電は本当に電力不足なのか

  北海道の胆振東武地方を襲った震度7の地震 は、また人々の予想を上回る災害に繋がりました。被害に遭われた方々には、今もご苦労されていますが、心からお見舞い申し上げます。そして、今まだ、電気が不十分というニュースを聞いていて、 本当だろうか と信じ難い思いが抜けません。ここに、そ...