2016年12月14日水曜日

3.9+5.1=9.0は減点対象?

 『3.9+5.1=9.0は減点対象……理由を文科省に聞いた 「減点は教員・学校の裁量次第」』というニュース記事が出ていました。不思議さを感じて、よく読んでみました。
 小学校の採点で「3.9+5.1=9.0」の回答を減点したというのです。正解は「9」、つまり小数点以下は必要ないではなく、間違いだというのです。直観的に異常な事が起きていると感じました。
 少なくても数学の世界では、「3.9+5.1=9」は正解ではありません。間違いでもなくて不完全です。「3.9+5.1=9.0」が正解です。何故かというと有効数字という考え方があるからです。3.9という数字は、有効数字が2桁の数字を指しています。それに対して、「9」は有効数字1桁、「9.0」は有効数字2桁です。等号の左右では、有効数字は同じでなければいけません
 記事は、文部省に確認したと報告されています。その文部省の回答も記載されていたのですが、内容を見てさらに驚きでした。
・(9.0の場合)小数点を書き忘れて90になってしまう
・小数点が必要ない計算でも『.0』を書いてしまう
・そういった子どもに厳密な指導をする目的で「『.0』を書いたら減点します」と教員がアナウンスすることもあるそうです。
 なんか本末転倒も甚だしいと思うのは、私だけでしょうか。小数点を書き忘れたら、明らかに誤りだから不正解でしょう。必要が無い所に書くとは思えませんし、書いたとしても小学生のレベルでは間違いではありません。
 一番危惧することがあります。そうやって教育された小学生が有効数字を学び始めたら、矛盾に苦しむのではないでしょうか。小学校の教員は、中等数学を知らないのかな。そうだとしたら怖い事です。でも、小学校の教諭の話ではありませんでしたね。文部省の職員も中等数学を知らない様です。
 マスコミも同じですね。折角、問合せしているのに、問題点に気付いていないから、回答を鵜呑みにしているのです。調べると中学1年生のレベルですね。皆気付いていないなんて、それは恐ろしいのレベルでは有りませんね。カタストロフィと言えるかもしれません。


0 件のコメント:

コメントを投稿

北電は本当に電力不足なのか

  北海道の胆振東武地方を襲った震度7の地震 は、また人々の予想を上回る災害に繋がりました。被害に遭われた方々には、今もご苦労されていますが、心からお見舞い申し上げます。そして、今まだ、電気が不十分というニュースを聞いていて、 本当だろうか と信じ難い思いが抜けません。ここに、そ...