2017年10月26日木曜日

また勘違いの自動運転車が開発されている

 みちびき(準天頂衛星システム)とは、準天頂軌道の衛星が主体となって構成されている日本の衛星測位システムのこと。内閣府のサイトで説明されている内容。GPSの精度が上がるというので、その活用がいろいろと実験されている様です。
 その中で、『自動運転、障害物すり抜けた 衛星「みちびき」活用』というニュース記事を見付けました。三菱自動車ではなく、三菱電機がこの高精度の「みちびき」を活用するというニュースです。実験車「xAUTO(エックスオート)」で自動運転の精度を上げて、障害物を避けたというのです。
 この仕組みは、普通のGPSの測定誤差が10m程度に対して、みちびきの測定誤差は6~12cmという精度から来ています。100倍も精度が違うというのです。確かに凄い事なのですが、この開発には大きな間違いがあります。気付いていないのか、取り敢えずは無視しているのか。
 仕組みをもう少し詳しく説明します。この自動運転は、GPSの精度を上げて障害物を避ける。つまり、地図上に記載された障害物を避けるという仕組みなのです。だから、分かっている障害物は避けることができます。しかし、分かっていない障害物を避けることはできないのです。
 つい最近、高速道路上の落下物であるタイヤに自動車が乗り上げたり、避けたりして悲惨な死亡事故が発生したばかりです。こういう事故が防げない自動運転技術の何処にメリットが存在するのでしょうか。
 技術論としては、とても良いものだと思います。もっと違う方向の活用を考えて欲しいと思います。今回の発表は、危険な道具、多分走る凶器となる自動車の発表です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

北電は本当に電力不足なのか

  北海道の胆振東武地方を襲った震度7の地震 は、また人々の予想を上回る災害に繋がりました。被害に遭われた方々には、今もご苦労されていますが、心からお見舞い申し上げます。そして、今まだ、電気が不十分というニュースを聞いていて、 本当だろうか と信じ難い思いが抜けません。ここに、そ...