2017年8月11日金曜日

「存立危機事態」の意味

昨日の出来事に関して『武力行使の可能性、異例の示唆 防衛相「存立危機事態」』というニュースが出ている。小野田防衛相が北朝鮮がグアムを攻撃した時に、日本がその防衛の一角を担うと発言した事に関するニュースだ。
 ここではっきりと名言しておく。他国の行動、発言に関して、批判的なことは一切記載するつもりはない。結果的に、そう読み取れる部分は、全て他記事からの引用ということに留意して頂きたい。
 記事では、安全保障法制に詳しいとして、阪田雅裕・元内閣法制局長官の言葉が紹介されている。批判の中制定された平和安全法制の理屈を並べて、拡大解釈だと批判している。
 何を言っているのだろうか。意味がまったく分からない。次の文章は、数日前に報道された内容だ。『北朝鮮の報道官が、「日本列島を瞬時に焦土化できる」と警告する声明を発表した。』明らかに、日本を攻撃する可能性に言及している。その声明の中、アメリカを攻撃したとすれば、不完全な法律の内容がどうであれ。日本が存立危機の事態にあることは明確ではないか。
 この発言の論法はこうだろう。 万が一にもアメリカが攻撃された時でも、被害はその広大な領土の一部。充分に反撃は可能で当然の様に打ち負かすだろう。だったら、何も日本が手を出すことは無い。
 確かにそうだと思う。しかし、日本人として恥ずかしい。まったく日本的ではない。というか、これが現代の日本の考え方かと考えると嘆かわしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

北電は本当に電力不足なのか

  北海道の胆振東武地方を襲った震度7の地震 は、また人々の予想を上回る災害に繋がりました。被害に遭われた方々には、今もご苦労されていますが、心からお見舞い申し上げます。そして、今まだ、電気が不十分というニュースを聞いていて、 本当だろうか と信じ難い思いが抜けません。ここに、そ...