2017年7月3日月曜日

自動ブレーキ車は、痴呆者でも運転して良い?

 先月末に報道されたニュースです。『限定免許の導入検討を=自動ブレーキ車など条件―高齢者事故対策で提言・有識者会議』というタイトルでした。高齢者に自動ブレーキが装着された車の限定免許を与える事を提言したというニュースです。驚きというよりもカタストロフィというべきニュースだと思います。
 痴呆が進んだかもしれない高齢者に自動ブレーキ車なら運転して良いというお墨付きを与えるというのです。このニュースを見て、疑問を感じた方は多いと信じます。何故ならば、自動ブレーキを装着した車で、既に何度も事故が起きています。
 健常者でも事故が起きる自動車です。痴呆が進んだかもしれない運転手に安心して運転して良いと言えるのでしょうか。信じがたいことです。
 それが一番の問題点なのですが、もう一つこの記事に問題がありました。この提言の実施に難しい点があると記載されています。「限定免許は現状認められている高齢ドライバーの権利を制限することになるため」というのです。呆れて言う言葉を失います。
 高齢者は、自らの能力を正しく評価出来ない場合が有ります。その為に、運転を誤り、自らの命を失ってしまうことに繋がっています。その運転を制限することは、高齢者の命を助けることになります。だから、高齢者の運転免許を制限することは、高齢者の命を助けることなのです。権利を奪うのではなく、命を助けることなのです。
 「現状認められている高齢ドライバーの権利」は、高齢者の命を奪う茨の冠です。その事を有識者はなぜ無視するのでしょうか?
 私も高齢者と呼ばれる人々の仲間に近づいています。何時、免許を返上するかは、常々意識しています。馬鹿な制度を作る前に、そういう意識の醸成に取り組んで頂きたいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

陸上総隊(自衛隊の組織変更)

 今月の4日に陸上自衛隊に 陸上総隊 が新設されたとニュースになりました。これまで完全に独立していた陸上自衛隊の方面隊を統括する部隊として設けられたものです。上陸作戦を専門とする 水陸機動団 が直下に設けられたことがその目的をよく表されています。 外国の離島侵入に備えた 訳です。...