2017年5月30日火曜日

<北朝鮮>菅長官「隠岐諸島から約300キロに落下」

 ミサイルを北朝鮮がまた発射したというニュースのタイトルです。そのミサイルが日本から300kmの地点まで近付いたというニュースでした。ミサイルの発射の是非は、取り敢えず置いておきます。この記事の内容にちょっと違和感を覚えたのです。
 記事の中程の文章を引用します。「(ミサイルは)約400キロ飛行し、新潟県佐渡島から約500キロ、島根県隠岐諸島から約300キロの日本海上に落下した」その地点がどこなのかと早速Googleマップで見てみました。凡その場所となりますが、図の星マークの辺りです。この図をみて何か感じませんか。
 記事では、佐渡島から500kmと報道しています。しかし、地図を見ると、能登半島の方が近いと感じませんか。佐渡島は、大きく本土の近くではありますが、所詮は島です。それに対して、能登半島は本州本土です。
 昔の悲しい戦争では本土決戦などという言葉も出てきました。それ程に物事が本土で起きるかどうかは大きい事だと思います。しかし、この記事では、「本土から450km」よりも「佐渡島から500km」の方が大事だといっている様に聞こえます。
 勿論、隠岐の島、佐渡島にも日本人が住んでいて、その方々には大きな問題だとは思います。しかし、日本が話題にするとすれば、本土に近いということが問題だと感じるでしょう。実際は、島根県沿岸の方が近いかもしれません。そういう事を意識して記事にしてほしいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

北電は本当に電力不足なのか

  北海道の胆振東武地方を襲った震度7の地震 は、また人々の予想を上回る災害に繋がりました。被害に遭われた方々には、今もご苦労されていますが、心からお見舞い申し上げます。そして、今まだ、電気が不十分というニュースを聞いていて、 本当だろうか と信じ難い思いが抜けません。ここに、そ...