2017年3月17日金曜日

18歳から「準中型」新設=トラック業界、若年層就業に期待―改正道交法

 道路交通法の改正が施行されました。高齢者運転手を助ける制度がスタートしたと話題になっていますが、こちらはもう一つの話題です。準中型免許が新設されたというのです。
 よく見てみるととんでもなく分かり難くなっていることがわかります。H19年に中型が新設されて、それまでの普通免許が限定中型となった。つまり、普通、限定中型、中型、大型の4種類です。今回準中型が出来たら、普通、限定準中型、準中型、限定中型、中型、大型の6種類となります。元々、普通と大型の2種類だったのに、その3倍です。
 ネットで検索すると一部の混乱が出ている様子がわかります。その理由は明確です。免許で運転できるタイプは増えたのですが、タイプには、車両総重量最大積載重量と、また二つのパラメータがあるからです。
 新設された準中型は、車両総重量が7.5t未満、最大積載重量は4.5t未満です。詳しく解説されているというサイトを最初に見付けたのでですが。最大積載重量4.5t未満の説明が漏れていました
 既に持っている免許の区分は変わらないので問題は無いのですが。新に取得する免許に関しては、運転できる区分をしっかりと理解しておく必要があります。
 また、ネットで検索すると今回の改正でさらなる混乱が生まれていることがわかります。中型自動車と普通自動車の間の準中型自動車が出来たと間違った情報が出ています。運転免許制度上の区分道路運送車両法上の区分とはまったく違います。
 道路運送車両法上の区分を並べるとこうなります。軽自動車、小型自動車、普通自動車、小型/大型特殊自動車です。つまり、準中型、中型、大型の免許で運転が許される自動車は全て普通自動車。中型自動車とか準中型の自動車というものは存在しないのです。免許によって運転できる自動車の要件というだけなのです。
 また、第2種免許も分かり分かり難くなりました。新設された準中型免許には、第2種免許がありません。第2種免許は、旅客運送の為の運転者の資格となります。普通免許と準中型免許の乗員制限が共に10人だから不要との判断の様です。しかし、そこでややっこしい事態が出てきます。
 3.5t以上5t未満の車両で10人以下の乗員で旅客運送をする場合です。車両は準中型免許で良い。人員は第2種普通免許で良い。条件は、準中型第2種免許に該当するのに、出来た免許は、5t限定中型の第二種免許となるそうです。元々普通免許を持っている方で、第1種の方は限定準中型に移行、第2種は限定中型に移行。第2種については、昔の普通からの限定と同じ名称なので、限定の種類を分けないといけないのです。
 ややっこしいので、少し分解して説明します。第1種の場合、昔の普通免許の方は、8t限定中型、直前の普通免許の方は、5t限定準中型となり、前者を限定中型第1種免許、後者を限定準中型第1種免許と呼びます。第2種の場合は、昔の普通免許の方は、8t限定中型、直前の普通免許の方は、5t限定中型となるり、前者は限定中型第2種免許、後者を5t限定中型第2種免許と呼ぶというのです。なんで、第1種と合わせて限定準中型の第二種免許にしないんでしようかね。不思議だと思いませんか。
 今回の改正が、トラック運送業界からの強い要望で実現したもの。だから、旅客運送への配慮は無いのは仕方がないかもしれません。しかし、あまりにもトラック業界のみに特化した法律というものが感心できるとは思えません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

間違っているストロー対策

ダイヤモンド社のオンラインニュースに『 スタバとマックの「プラ製ストロー全廃」は本当に環境に優しいか 』というタイトルが載った。その妥当性の評価かと思ったのだが、まったく違っていた。  記事にも記載されているが、世界中で、特に 海で生物が被害に遭っている と社会問題化され...