2016年8月25日木曜日

痴漢、絶対反対!

 大阪地裁の無罪判決がニュース記事に出ていました。『<痴漢事件>大阪地裁支部、無罪判決…警察が誤認現行犯逮捕』というタイトルです。現行犯として逮捕され、被告となった方が無罪となったのですが。現行犯での無罪は、稀な事件だと記事になっていました。
 この無罪判決の原因はなんとなく分かります。概要を説明します。元々、電車で痴漢被害に遭った女性がいました。警察に相談し、当日は警察が見張っていたそうです。その中で、女性がこの人と示し、疑われるような位置に居た被告を現行犯逮捕したというのです。女性は、先に遭った被害の犯人に似ていると思ったそうです。
 この誤認逮捕の大きな理由は、女性の思い込み。それから、女性の思い込みを見抜けなかった警察、検察に有ったと思います。この記事では、詳しく書かれていませんでしたが。男性が、裁判の被告となった時点で被告自身にも相当な被害が出ていると思います。一般論ですが、無罪であっても既に職を失ったとか、家族や友人が離れていった可能性があります。しかし、この記事では、この事件の一番の問題点にまったく触れていないのが気になりました。
 この事件は、何が一番問題か。それは、実際に女性が痴漢被害に遭っているのです。その事実を忘れてはいけません。こういう被害は、今後も未然に防がなければいけません。そうして、起きた被害は、堂々と白日に曝さないと無くなりません。
 私が一番恐れるのは、今回被害に遭った女性、この事実を知った女性がどう感じるか。そして、一番怖いのは、誤認逮捕した警察官達です。彼ら、彼女らが今後及び腰となることが一番心配です。
 確かに間違えられて起訴された方は大変だったでしょう。迷惑というレベルを超えて、まさに被害状況となったに違いありません。どうやっても補償することは難しいでしょう。本当にお気の毒だと思います。
 それは確かなのですが、今後も続く痴漢被害に対することも重要だと思います。警察、検察の方も及び腰にはならずに、しかし、今回の様な事には十分に気を付けて対応して頂きたいと思います。
 いつもながら、マスコミは、こういう大事な事は漏らさずに報道して頂きたい。社会全体が問題点を共有しなければ解決できません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

陸上総隊(自衛隊の組織変更)

 今月の4日に陸上自衛隊に 陸上総隊 が新設されたとニュースになりました。これまで完全に独立していた陸上自衛隊の方面隊を統括する部隊として設けられたものです。上陸作戦を専門とする 水陸機動団 が直下に設けられたことがその目的をよく表されています。 外国の離島侵入に備えた 訳です。...