2016年8月1日月曜日

自動運転システムが付いた米ステラ車で死亡事故

 米ステラ車の自動運転車が事故となり、運転手が死亡したということがニュースに報じられました。初めは、自動運転は安全でないという報道から始まりました。その後、自動運転車のレベルの問題との報道が加わりました。アメリカの機関が定めた自動運転車のレベルとして、レベル1~レベル5が定められている。レベル5は、目的地を示せば、全て機械が運転して目的地に運んでくれるもの。レベル1は、既に日本でも発売されているブレーキアシストのレベルです。
 さて、事故を起こしたステラ車の車は、レベル2だといいます。つまり、高速道路などで通行帯に沿って進路を守ることはできるが、安全運転は運転手が責任を持たなければならないレベル。こうなると、運転手が悪かっただけ。自動運転車を否定する理由にはならないというのです。
 私は、ブレーキアシスト車が発表された後、自動運転車の開発が進むにつれて相当な不信感を持っていました。その点に、だれも、どの報道機関も、どの有識者も殆ど触れていない点がとっても気になっていました。今回も誰も触れようとしません。
 自動運転車は、何の為に設計されるのでしょうか。だれもが事故を無くすためと説明します。しかし、実際は事故は増える可能性の方がとても大きいと思います。今回がその典型的な例です。
 調べるとアメリカのレベルの話には、こう記載されているそうです。『「レベル4」や「レベル3」と区分している自動運転車、つまり「走行中に、安全上必要なすべての動作を自動で行う」ものでも、「特定の状況で、安全上必要なすべての動作を行う」ものでもない。』それは、「だから、レベル2の自動運転車を安易に運転するは事故は起きても当たり前」と言っている様なものです。でも、本当にそれで片付けて良いのでしょうか。
 この状況は、簡単な話だと思います。要するに、一般の運転手は、この安全がどの程度危険かを分かっていないのです。より安全になると思えは、自然と気が緩みます。それでも運転できる技量(気質)が非常に高い運転手は良いのですが。普通の運転手は、自動で運転してくれると知った時点で絶対に気が緩みます。その事をどの程度理解されているかが問題なのです。増してや、メーカーは安全だと言って、タレントが手放しで運転して見せるのです。これでは、手放しでも安全と思ってしまいます。
 自動運転車の事故は、まだ責任がはっきりしていません。今回の様な事故が起きると、メーカはその危険性は説明済みと言うでしょう。冒頭に書いた部分に現わられています。しかし、運転手が生きていたら聞いていないと言うでしょう。その時に誰が責任を取るのですか
 問題は、第三者が被害者になった時です。責任を負う能力を持たない加害者に対して、どう対処すれば良いのですか。恐ろしい話だと思いませんか。
 私は提案したい。自動運転車を販売するメーカは、レベルがどのレベルであっても、その自動車が原因の事故は全て責任を負うこと。そうで無ければ、とても危険な道具だと言わざるを得ません。問題は自動車の性能では有りません。運転者の意識が問題なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

北電は本当に電力不足なのか

  北海道の胆振東武地方を襲った震度7の地震 は、また人々の予想を上回る災害に繋がりました。被害に遭われた方々には、今もご苦労されていますが、心からお見舞い申し上げます。そして、今まだ、電気が不十分というニュースを聞いていて、 本当だろうか と信じ難い思いが抜けません。ここに、そ...